意識の座は短期記憶の記銘箇所、もしかしたら海馬歯状回か2017-05-26 22:02

大脳皮質が海馬をキャッシュメモリとして使っているのではなく、海馬が大脳皮質をプログラマブルエンコーダとして使っているのではないだろうか?!

大脳皮質はシナプス可塑性を利用したバックプロバケーションにより、多次元意味空間に事象をマップしていく、巨大なエンコーダではないのか?しかしそれはWord2Vecプログラムのようなもので「意識」ではない気がする。
ミラーニューロンでさえ、行動のエンコーダに思える。

感覚情報から自己組織化的に短期記憶を形成し、それを大脳エンコーダにかけ、行動計画の端緒を作るのは、神経新生の場所、海馬歯状回ではないのだろうか?もしそうならそこで行われていることは「意識」と呼ばれるものに合致するのではないだろうか?

エンコーダとしてのディープラーニングは意味記憶のモデルになっていくと思う。しかしエピソード記憶はそれとは違った「意識」が介在する仕組みでできていると思う。それをこれかたシミュレーションしていきたい。

意識・プログラマ説2016-11-03 03:16

行動は反射の塊だと考えよう。
反射は「対応テーブル」と見ることができる。
そうすると、「意識」とは行動の結果を評価し、「対応テーブル」の各要素にかさみ付けをしている回路と考えられるかもしれない。

「対応テーブル」をプログラムと考えるなら、意識はプログラマとなるかもしれない。リアルタイムな応答はしないのだけれど、行動の結果に対して泣き笑いし、次の行動を用意していく。意識はそんなもんかもしれない。

海馬はキャッシュか?2016-10-09 07:11

海馬がメモリで新皮質がハードディスクとする説があるけれど、海馬から新皮質へのデータ転送というのがよくわからない。そんなことが実現可能なのか?

新皮質はハードディスクでいいのだけれど、海馬はキャッシュではないのか?つまり、海馬も新皮質も同時に学習するのだけれど海馬のほうは睡眠でクリアされると考える。

もしかするとREM睡眠は海馬→新皮質へのデータ転送ではなく、新皮質→海馬へのキャッシュ生成(思い出し)なのかもしれない。

遅延発火ニューロノード2016-07-13 01:25

生物学的なニューロンと区別するため、発火単位を「ニューロノード」としておく。
基本的に抽象概念はニューロノードの OR として表されると思う。

食べ物の匂いがする OR 食べ物が見える → 食べ物がある(抽象概念)

では条件反射による抽象概念の発火はどのような仕組みとなるだろうか。

食事のベル → 食事のベルに対する遅延発火
        OR
      食べ物の匂いがする
        OR
      食べ物が見える → 食べ物がある(抽象概念)

これが強化学習されると遅延発火の遅延時間が短くなっていき、食事のベルが直接「食べ物がある」を発火するようになるのではないだろうか。

また、遅延発火を起こすニューロノードは「時間認識」と「因果認識」を構成する主要な仕組みなのではないだろうか。

第58回夾竹桃祭2016-07-10 20:52

第58回夾竹桃祭プログラム等
去年は単なる見学者として回っただけなのだけれど、今年は保護者として回ることになってしまった。
どれもそれなりに特色があって面白いのだけれど、やっぱり吹部はすごい。ずっと実験を続けている子供には申し訳ないが吹部の方に並んでしまった!




# "molt" ←ぜんぜん更新してない